家族葬のお葬式プラン

現代は核家族化と高齢化が進んでおり、その影響がお葬式にも反映されています。お葬式に参列する人が少ないようなケースも見られるようになり、従来の一般葬ではミスマッチに感じる方も多くなってきています。そういった人に向いているのが家族葬です。現在ではお葬式のスタイルは数多く色々な形式がありますが、その中で特に需要が高まっているのがこの家族葬です。では、このプランが向いているのはどういった方なのでしょうか。

一般葬とよく比較されることが多い家族葬ですが、両者の大きな違いは参列者に制限を設けるかどうかです。最近では、高齢化の影響で参列する方が少なくなっていたり、お葬式自体を小ぢんまりとした感じにしたい、親族やごく親しい友人だけで故人を見送りたいと希望される方が多くいます。こういった場合、参列者に制限を設ける家族葬が合っています。また、家族葬の場合、一般葬のように参列者が多くならないことで、遺族が参列者の対応で精神的な負担を感じてしまうことを避けられることも多いもです。こういったメリットが好ましい方には、家族葬を選択するといいでしょう。

一般葬では、火葬式とは違ってお通夜、告別式、火葬の3つは必ず行います。お葬式の規模は小さくても、この3つの儀式はしっかりと行いたい方にとっても家族葬なら心配無用です。2日間の日程で全ての儀式を行っていきます。一般葬のように儀式をすべて行いながら、費用を抑えることができる点も家族葬の大きな魅力と言えるでしょう。また、現在では多くの葬儀社で家族葬のプランを提供しているため、上手に葬儀社を選んでいけば、よりリーズナブルに家族葬を行っていくことができます。